AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛用)とは男性特有の脱毛症です。
男性のみなる脱毛症で、特徴的なのは思春期以降、額の部分がM字状態に薄くなり、頭の一番上の部分が丸くだんだん薄くなっていきます。
これは男性ホルモンが影響で薄くなっていくので、男性型脱毛症と言われています。
悩んでいない方には、全く問題のない症状なのですが、若いうちに薄くなっていきますと気になる方がほとんどだと思われます。
遺伝で薄くなるとされていますが、祖父や父親が全く薄くなっていないのに、自分だけ薄いとか、逆に祖父や父親は薄かったのに自分はフサフサだという方もいらっしゃいます。
確かに遺伝は関係してるとされているのですが、ただ薄くなりやすいとされてるだけで、実際は自分自身の生活に問題はあります。
現代では食生活の偏りや、不規則な睡眠時間、社会的ストレスなど様々な男性ホルモンに与える影響は多くなっています。
運動不足なども挙げられ、生活習慣病と似たもになります。
通常時の男性ホルモンテストステロンが、5aリダクターゼにより、DHT(ジヒドロテストステロン)変換されます。
生成されたDHTは毛乳頭細胞に結びついてしまうと、髪の毛を作成するために大事な細胞分裂が段々少なくなってきます。
これにより、髪の毛の成長を止めてしまい、最終的には毛穴が休止期に入ってしまうことになります。
特徴的な、薄くて細い毛は、成長しきれてない髪の毛になります。
それにより、段々薄くなっていくわけです。
では、AGAになった方はもう発毛や育毛しないのか?とお悩みでしょうが、早い段階で治療や対策を取ると、発毛も、育毛も夢ではありません。
原因のDHTを作成する5aリダクターゼを阻害すれば、DHTが生成されなくなるので、進行が止まるということになります。
現在、フィナステリドという成分が5aリタクターゼを阻害してれることから治療に使われています。
男性型脱毛症は放置してると、だんだん進行していきます。
早いうちに治療すると、進行を止めることもかのですので、早めに治療することが一番の策になります。
それと、やはり日ごろの生活も改善していきましょう。
食生活の見直しや、飲酒、たばこを控えるなどやれることはたくさんあります。
何かしら原因があってハゲていきますので、あきらめずに気になる方は早めに対策をとりましょう。