AGAで悩む人へ

ミノキシジルとは、AGAで悩まされている男性に使われる薄毛治療に使用されるAGA治療薬です。
もともとは、これらのような育毛剤としての用途を期待されて開発されたものではなく、当初は高血圧者のための血圧降下剤の役割として使用するために開発されたものでした。
そうして血圧を下げるための治療薬として開発され、その過程で発毛・育毛効果を発見したことにより、それから発毛剤として使用されるようになりました。なぜ発毛・育毛にも効果を得ることができるのかというと、高血圧者の血圧を下げる際に、血管を拡張させることで血流をよくしていたことが、結果として毛穴への血流の良くすることで、発毛効果が生じたのです。
そんな、開発当初の考えられていた、経口薬として開発されたミノキシジルですが、結果としてAGAの治療の最前線の治療薬として脚光をあびているわけですが、
そもそもAGAとは何かというと、ANDROGENETIC ALOOPECIAの略で、その意味は男性型脱毛症の意味となっています。
つまりは、成人の男性にみられる薄毛に悩む状態のことをさします。その原因としては遺伝的なことや男性ホルモンによる影響がほとんどといわれており、このAGAはある程度の薄毛になったらその症状が落ちつくといったようなことはなく、厄介なことにこのAGAは進行します。日本人の成人男性の薄毛などの原因はこのAGAだといわれており、このAGAの症状の治療をしっかりし、症状を抑えるということがとても重要とされています。
人によって、このAGAの進行の原因はさまざまですが、いくつかその原因が考えられており、
・加齢(年齢)
・遺伝性
・生活習慣によるストレスや睡眠不足
・食事のバランス(過食や脂質等のとりすぎ)
上記がその要因ともいわれています。
これらを上記の要因はほかの病気を引き起こす要因とも十分になる可能性があることなので、
見直すことができることはしっかりと見直すべきだと思いますが、この薄毛に関して治療するには、
よく使用される商品がロニテンと呼ばれる商品です。
ですが、基本的に効果が見られるには2,3ヶ月先となるため、
なるべく低価格で購入を検討される方は、ロニテンのジェネリック医薬品となる、ミノキシジルタブレットをおすすめします。
ジェネリック医薬品のため、ロニテンと主成分が同じくして同等の効果を得ることができ、インターネットで手軽に入手することもできるのでお勧めです。